エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:レーガンと似て非なるトランプ貿易戦争 2018年 07月 15日

[ワシントン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国が仕掛けている「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な貿易戦争には、かつてレーガン元大統領が描いたビジョンが欠けている。

Photo

コラム:貿易戦争収束後のドル円急上昇シナリオ=鈴木健吾氏 2018年 07月 15日

[東京 13日] - 貿易戦争への懸念から金融市場全体に警戒感が強まる中、為替市場ではリスク回避を理由にドルや円、スイスフランなどの「安全通貨」が上昇する場面がみられてきた。

Photo

コラム:貿易戦争の副産物、米中の補助金ばら撒きが生む弊害 2018年 07月 15日

[香港/ワシントン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 貿易戦争の影で「企業福祉国家」が生まれかねない。中国と米国が互いに関税をかけ合う中、政治家は関税の適用除外措置や補助金を打ち出し、不安を募らせる企業幹部を安心させようとしてる。

Photo

コラム:トランプ氏のカード化する米自動車関税、7月調査終了も 2018年 07月 14日

[東京 13日 ロイター] - 米中貿易戦争に身構えていた市場は、中国の「抑制的」な対応を好感し、株高で反応している。だが、楽観は尚早だろう。トランプ米大統領は「自動車関税」というカードを振りかざしているからだ。

Photo

コラム:日銀の思考停止招く「低インフレ構造論」の危うさ=嶋津洋樹氏 2018年 07月 14日

[東京 13日] - 日銀が「量的・質的金融緩和」を導入した2013年4月以降の消費者物価指数(CPI)を振り返ると、同年6月に前年比でプラスへ転換し、翌2014年3月に消費増税の影響を除いたベースで1.7%まで加速したものの、その後鈍化。特に2014年後半は、消費増税に絡む駆け込みの反動に原油価格の大幅な下落も重なり、12月には0.3%まで急低下した。

写真

貿易戦争後の円安シナリオ

ドル円はテクニカル的にもち合い離れの前兆がみられ、貿易戦争懸念が低下すれば上方向に発散しやすいと、みずほ証券の鈴木健吾氏は分析。  記事の全文 

写真

低インフレ構造論の危うさ

日本の物価が上がりにくい理由として日銀が最初に疑うべきは、金融緩和が十分かどうかであり、構造論への傾斜は危ういとMCPの嶋津洋樹氏は指摘。  記事の全文 

写真

米国の核問題

テキサス州の工場では、米国産業で最も危険な仕事が手作業で行われている。  記事の全文 

写真

北朝鮮国境を行く

北朝鮮の国境を1週間旅した記者が見た光景とは。  記事の全文 

写真

北朝鮮から逃れて

脱北者はロイターに何を語ったか。  特集ページ 

写真

ロヒンギャの惨劇

縛られた10人のロヒンギャ男性は、そばで墓穴を掘る仏教徒たちを見つめていた。  記事の全文 

写真

高級ホテルで死体実習

その「死体実習」会場の外にいた主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。  記事の全文 

トップセクション