エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:実感なき好況、低賃金と格差拡大は世界共通 2017年 12月 11日

[ロンドン 6日 ロイター] - 先進国はどこも賃金の伸びが鈍く、貧富の差が拡大し、生産性の伸びが低い。しかしそうした暗雲に目を奪われていると、世界経済は活況を呈しているという、今年最も注目すべき事実を忘れがちだ。

Photo

コラム:2018年の投資戦略、悲観より楽観が得策か=村上尚己氏 2017年 12月 11日

[東京 11日] - 振り返ってみれば株式などリスク資産全般が上昇して終わりそうな2017年だが、2018年はどのような年になるのだろうか。

Photo

コラム:エルサレム首都認定でトランプ氏が招く「悲惨な代償」 2017年 12月 11日

[7日 ロイター] - トランプ大統領が、約70年にわたるアメリカの政策を転換し、エルサレムをイスラエルの首都と認定したことは、任期中で最も不必要な決断であったことはほぼ間違いない。

Photo

コラム:ブレグジットは名ばかりか 2017年 12月 11日

[ロンドン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)は、象徴的意味合いにとどまりそうだ。交渉前半の大詰めでメイ英首相とEUが結んだ基本合意により、混乱の中で離脱に至る恐れは和らいだ。しかし、離脱しておきながら貿易だけ守ることの難しさも露呈した。長い移行期間中、英国はさらに譲歩することになりそうだ。

Photo

コラム:米国の「株主第一主義」で後回しにされる労働者 2017年 12月 11日

[ワシントン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米労働省が8日発表した11月雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比22万8000人増と市場予想を上回る堅調な伸びを示したが、賃金の伸びはさえなかった。トランプ大統領は、共和党が進める税制改革で賃金は大幅に増えると主張している。しかし多くの企業は利益を自社株買いや配当に充てようとしており、米国の「株主第一主義」の風潮が賃金の伸びを抑え込んでいる格好だ。

写真

来年の投資、楽観が得策か

2018年の金融市場を展望する上では、債券相場で進む利回り曲線のフラット化をどう考えるかが重要だとABの村上尚己氏は分析。  記事の全文 

写真

ユーロ高とドル円上昇結ぶ線

ユーロ高ドル安の定着は元安観測の封印を通じ、リスクオンに作用し、ドル円上昇の追い風になり得るとシティグループ証券の高島修氏は予測。  記事の全文 

写真

株自慢に不都合な真実

株高を自慢するトランプ氏が触れない真実。   記事の全文 

写真

危うさ倍増か

ビットコインは大台突破でさらに危うくなるか。  記事の全文 | 関連記事 

写真

ドル安に賭ける勝算

ドル安とフラット化に賭ける ヘッジファンドに勝算あるか。   記事の全文 | 関連記事 

写真

議会に放つ「捨て台詞」

退任迫るイエレンFRB議長が議会に放った「捨て台詞」とは。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション