エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

インタビュー:韓国大統領、中国に対北行動促す 日本批判も

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、中国は北朝鮮の核開発抑制に向けさらなる行動の余地があるとの認識を示した。また習近平国家主席に対し、新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)配備への報復として韓国企業に講じた「あらゆる措置」の撤廃を求める考えを明らかにした。

Photo

インタビュー:5G投資は利益圧迫せず=NTTドコモ社長

[東京 22日 ロイター] - NTTドコモの吉澤和弘社長は22日、ロイターのインタビューで、2020年の商用化を目指している第5世代移動通信方式(5G)の設備投資について、3Gや高速通信サービス「LTE」よりも少なくて済むため、利益の圧迫要因にはならないとの認識を示した。

Photo

インタビュー:日産・ルノー、10年以内に無人の自動運転配車を開始

[横浜市 22日 ロイター] - 日産自動車と仏ルノーは向こう10年以内に無人の自動運転車によるライドシェア(相乗り)などの配車サービスを始める計画だ。新興企業による配車サービスなどで急激に変化する自動車産業で生き残るため、両社もこうしたサービスに参入する。

Photo

デンマーク「デジタル大使」、米IT企業との関係構築に意欲

[コペンハーゲン 19日 ロイター] - デンマークの新設ポストである「デジタル大使」に任命されたキャスパー・クリンゲ氏は、米カリフォルニア州シリコンバレーの大手企業は世界という舞台において、多くの国家よりも大きな影響力を持っていると指摘した上で、こうした企業との関係を築くことはますます重要になっているとの認識を示した。ロイターとのインタビューで述べた。

Photo

インタビュー:日銀の出口議論は時期尚早=IMF筆頭副専務理事

[東京 19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のデビッド・リプトン筆頭副専務理事は19日、都内でロイターの取材に応じ、日銀が出口戦略について議論を始めるのは「時期尚早」との認識を示した。日銀が導入した長短金利操作の有効性を認めつつ、物価2%目標の達成には、さらなる労働市場改革による賃上げの加速が必要とも指摘した。

インタビュー:利上げ反対意見、私一人でない=米ミネアポリス連銀総裁

[16日 ロイター] - カシュカリ米ミネアポリス地区連銀総裁は16日、ロイターとの電話インタビューに応じ、最近のインフレ鈍化が一時的であるとの確証が持てるまで連邦準備理事会(FRB)は利上げを見送るべき、と考えるのは私一人ではないとの見方を示した。

Photo

インタビュー:4―6月期原料炭の調達価格は190ドル台前半=新日鉄住金常務

[東京 16日 ロイター] - 新日鉄住金の谷水一雄常務執行役員はロイターとのインタビューで、4―6月期の原料炭の調達価格は1トンあたり「190ドル台前半」との見通しを示した。原料炭の調達価格は過去30年以上、海外資源メジャーとの価格交渉により、いわゆるベンチマークを決めてきたが、4―6月期分から市況連動に切り替える。

Photo

訂正:カタール危機で変わるLNG取引、日本有利の展開か

[シンガポール 12日 ロイター] - アラブ諸国によるカタールの孤立化で、世界最大の液化天然ガス(LNG)輸出国である同国と長期供給契約の見直し交渉を行っている日本の電力会社は有利な立場となった。これにより、よりオープンなLNG市場取引に向けたシフトが加速しそうだ。

Photo

インタビュー:日本の投信市場、分配型一辺倒から脱却を=ピクテAM CEO

[東京 12日 ロイター] - スイスの資産運用大手、ピクテ・アセット・マネジメントのロゴン・ラムゼイ最高経営責任者(CEO)は、日本の投資信託市場について、毎月分配型ファンド一辺倒から脱却すべきだとして、多様な資産に分散投資するマルチアセット型商品などの推進に努めていく考えを示した。

Photo

インタビュー:地方活性化にも有効=ビットポイント社長

[東京 9日 ロイター] - 仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンの小田玄紀社長は、仮想通貨が決済や送金の場面で使われるだけでなく、地方活性化のツールになり得ると話す。

写真

深まる中東混迷

中東に平和と安定をもたらそうというトランプ氏の試みは、裏目に出た。  記事の全文 | 関連記事 

写真

優れた投資家の訳

一般的な思い込みに反し、女性の方が優れた投資家なのはなぜか。   記事の全文 

写真

続投が招く災難

総選挙で惨敗後も続投のメイ首相は、破滅的な結果をもたらしかねない。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション