エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

インタビュー:成長事業は健康領域、必要に応じてM&A実施=キリンHD社長

[東京 22日 ロイター] - キリンホールディングスの磯崎功典社長は22日、ロイターとのインタビューに応じ、ビール、飲料の収益性向上に加え、健康領域を事業の柱として成長させる方針を示した。全てを自社で行うことは考えておらず、必要に応じてM&Aも実施する。

Photo

インタビュー:ドル105円割れは買い、株は上値で売り=日本生命

[東京 22日 ロイター] - 日本生命保険の大関洋取締役(有価証券運用担当、CIO)は22日、ロイターとのインタビューに応じ、今月起きた米国発の金利急騰・株安は「ゴルディロックス(適温)相場の終わりの始まり」だとの認識を示した。

Photo

ドル107円半ば、日生幹部「105円割れでは買いたい」

[東京 22日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク時間午後5時時点に比べ、ドル安/円高の107円半ば。朝方にきょうの高値をつけた後、日経平均の下げ幅拡大とともに107円前半まで下押ししたが、午後、株安が一服すると小幅に持ち直した。

Photo

インタビュー:中銀デジタル通貨発行、強力な政策効果=中島教授

[東京 22日 ロイター] - ブロックチェーン技術(分散台帳技術)を応用すれば、デジタル通貨にマイナス金利やプラスの金利を付与することができ、現在の金融政策よりもダイレクトに効果が出る──。

Photo

インタビュー:日銀新体制、物価目標の柔軟化が不可欠=門間元理事

[東京 22日 ロイター] - 元日銀理事でみずほ総合研究所・エグゼクティブエコノミストの門間一夫氏はロイターとのインタビューに応じ、黒田東彦総裁の続投を軸とした日銀の新体制では、実体経済や金融システムなど物価以外の要素も考慮したバランスのとれた金融政策運営を行うことが重要になるとの認識を示した。そのためには日銀が目指す物価2%の達成時期の修正など、目標の柔軟化が不可欠と語った。インタビューは21日に実施した。

Photo

バーレーン政府系基金、ソフトバンクのファンドへの投資に向け協議

[マナマ 21日 ロイター] - バーレーンの政府系ファンド(SWF)であるマムタラカトは、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」への投資に向け初期段階の協議を行っていることを明らかにした。

Photo

インタビュー:日銀新体制、事実上の正常化路線を継続へ=木内・元審議委員

[東京 20日 ロイター] - 昨年7月まで日銀審議委員を務めた野村総合研究所・エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏はロイターとのインタビューで、黒田東彦総裁の続投を柱とした日銀の新体制について、現行の事実上の金融政策正常化路線が継続することになるとの見方を示した。ただ、マイナス金利政策の撤廃には2%の物価安定目標を柔軟化させる必要があるとし、年内は難しいと語った。インタビューは19日に実施した。

Photo

インタビュー:ブロックチェーン技術、企業に大変革=柳川教授

[東京 19日 ロイター] - 仮想通貨で注目を集めているブロックチェーン技術。東京大学大学院の柳川範之教授はロイターのインタビューで、同技術を利用したスマートコントラクト(契約の自動化)が進展すれば、企業組織の姿が変わる可能性があるとの見方を示した。

Photo

インタビュー:円高・米鉄鋼輸入制限の検討に警戒感=新日鉄住金副社長

[東京 19日 ロイター] - 新日鉄住金の栄敏治副社長はロイターのインタビューで、対米ドルで15カ月ぶりの円高水準で推移する為替相場の影響や、トランプ米政権が鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置を検討していることに警戒感を示した。栄副社長は円高が一段と進展した場合、「自動車や建機など当社のユーザーが輸出型の製造業が中心なので、影響は無視できない」と指摘した。米政権による輸入制限については、従来通り日本政府がこれに反対するよう求める構えだ。

Photo

インタビュー:欧米企業の買収活発化、収益貢献も=みずほFG副社長

[東京 19日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループで海外事業を統括する菅野暁副社長(グローバルコーポレートカンパニー長)は、ロイターのインタビューで、2017年度上期は欧米企業が米国の減税政策を見極めるために買収などの動きが鈍く、貸出や手数料収益が低迷したものの、下期に入って大きく持ち直していると語った。18年度は、企業の動きが活発になるとして、さらに収益の回復を見込むという。

写真

リアルマネーにならぬ訳

仮想通貨に実際の「貨幣」としての未来はあるのか。  記事の全文 

写真

「モノより時間を」

幸福の秘訣は「モノではなく、時間を買う」ことだ。  記事の全文 

写真

「剛腕外交」に逆風

中国に対する逆風が世界のあちこちから吹き始めている。  記事の全文 

写真

透けて見える「下心」 

金正恩氏が新年早々、外交面で攻勢に転じている。  記事の全文 

トップセクション