エディション:
日本
Photo

コラム:侮れない米FRB資産縮小の円安効果=鈴木健吾氏 10:07am JST

[東京 18日] - ドル円は3月以降約半年にわたり、1ドル=108円から115円台の上下7円程度のレンジを行き来する状況が続いている。明確な方向感が失われている背景には、賃金や物価の鈍化がみられる米国経済の先行きや、連邦準備理事会(FRB)による年内の利上げ有無に対する不透明感があるようだ。記事の全文

写真

ジャネット・イエレン氏

(前FRB副議長、歳)

100年の歴史を持つFRB初の女性議長となった。

2010年からFRB副議長。バーナンキ議長の積極的な景気支援措置を支持し続け、失業率を下げるために多少のインフレは容認する「ハト派」とみなされている。

金融・経済政策に関する経験は豊富。クリントン政権で経済諮問委員会(CEA)委員長、その後、サンフランシスコ地区連銀総裁を務めた。

著名な経済学者。エール大学で博士号を取得、カリフォルニア大学バークレー校やハーバード大学で教鞭を執った。夫はノーベル賞を受賞した経済学者のジョージ・アカロフ氏。息子も経済学の大学教授で、13歳までに経済学を志したという。

写真

スタンレー・フィッシャー氏

(前イスラエル中銀総裁、歳)

旧北ローデシア(現在のザンビア)生まれ。

イスラエルと米国両方の市民権を有する。イスラエル中銀総裁としての在任期間は8年で、2013年6月に退任。

1994─2001年に国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事、それ以前は世界銀行でチーフエコノミストの職に就いていた。

長年、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学の教鞭をふるったフィッシャー氏の教え子には、バーナンキFRB前議長や欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、サマーズ元米財務長官に加え、グレゴリー・マンキュー氏など著名経済学者が名前を連ねる。

写真

FRB資産縮小の円安効果

9月決定が見込まれる米FRBの保有資産縮小は、ドル円を1年あたり約2円押し上げる効果があると、みずほ証券の鈴木健吾氏は指摘。  記事の全文 

写真

「リスクオフの円高」突入か

最近の商品・債券・株式動向はリスクオフの兆候を示しており、ドル円は下落が進みやすくなっていると、大和証券の亀岡裕次氏は分析。  記事の全文 

写真

株売りは賢明か

米朝緊迫化でも市場が奇妙なほど穏やかな反応を見せているのはなぜか。  記事の全文 

写真

危険な核ゲーム

米国のごく一握りの敵しか夢見たことがなかった米本土核攻撃能力を、正恩氏が手に入れようとしている。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「問題児リスト」入りか

北朝鮮対応が甘いと不興を買う韓国は、トランプ氏の「問題児リスト」入りが迫っている。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション