エディション:
日本
Photo

コラム:ドル120円へ、衆院選後に再始動か=鈴木健吾氏 10:20am JST

[東京 20日] - ドル円相場は9月初旬の1ドル=107円水準から1カ月足らずの間に113円台まで6円もの一方的な上昇をみせた後、しばらく112円台を中心に調整的な動きを示してきたが、ここにきて113円台を断続的に回復、そろそろ動意を強めそうだ。記事の全文

写真

ジャネット・イエレン氏

(前FRB副議長、歳)

100年の歴史を持つFRB初の女性議長となった。

2010年からFRB副議長。バーナンキ議長の積極的な景気支援措置を支持し続け、失業率を下げるために多少のインフレは容認する「ハト派」とみなされている。

金融・経済政策に関する経験は豊富。クリントン政権で経済諮問委員会(CEA)委員長、その後、サンフランシスコ地区連銀総裁を務めた。

著名な経済学者。エール大学で博士号を取得、カリフォルニア大学バークレー校やハーバード大学で教鞭を執った。夫はノーベル賞を受賞した経済学者のジョージ・アカロフ氏。息子も経済学の大学教授で、13歳までに経済学を志したという。

写真

スタンレー・フィッシャー氏

(前イスラエル中銀総裁、歳)

旧北ローデシア(現在のザンビア)生まれ。

イスラエルと米国両方の市民権を有する。イスラエル中銀総裁としての在任期間は8年で、2013年6月に退任。

1994─2001年に国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事、それ以前は世界銀行でチーフエコノミストの職に就いていた。

長年、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学の教鞭をふるったフィッシャー氏の教え子には、バーナンキFRB前議長や欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、サマーズ元米財務長官に加え、グレゴリー・マンキュー氏など著名経済学者が名前を連ねる。

写真

小さなポピュリズムと決別を

今回の総選挙は、まるで七夕飾り用の短冊に願望を書き並べた「小さなポピュリズム」の争いになっていると竹中平蔵氏は指摘。  記事の全文 

写真

衆院選後に円安再始動か

株高に出遅れたドル円だが、衆院選や日銀決定会合などをきっかけに動意づく可能性があると、みずほ証券の鈴木健吾氏は予想。  記事の全文 

写真

ヘイトは脳傷つける

他人を傷つける言論は、身体的な暴力と同じ程度に罰せられるべきではないか。   記事の全文 

写真

「心理学」修行を

心理学的な研究が経済学にもたらす恩恵は、行動経済学者の大半が理解しているよりも大きい。  記事の全文 

写真

もう1つの「遺産」

著名投資家ジョージ・ソロス氏が、築こうとしている1つの遺産とは。  記事の全文 

トップセクション