エディション:
日本
Photo

アングル:ドル/円にかかる「油圧」、原油安が円高リスクを意識

10:44am JST

[東京 23日 ロイター] - 原油価格の下落が円高要因として意識され始めてきた。インフレ期待を低下させるおそれがあるのは日米同じだが、市場の織り込みという点で米国は「正常化」ペースの鈍化が意識されやすい。原油安がリスクオフムードを高めたり、日本の経常黒字拡大などが加われば、さらに円高圧力が増大するとみられている。記事の全文

Photo

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる 2017年 06月 24日

[23日 ロイター] - 米国株式市場は上昇。金融株が軟調となったものの、ハイテク株に買いが入り、ナスダックは週足で3週間ぶりに上昇した。また、FTSEラッセル指数の年次指数調整を背景に、取引終盤にかけ活況となった。

ドル全面安、FRB年内追加利上げに懐疑的な見方根強く=NY外為 2017年 06月 24日

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し下落、1日としては3週間ぶりの大幅な下げとなった。足元のインフレ指標が弱く、米連邦準備理事会(FRB)が年内追加利上げに踏み切れるか懐疑的な見方が根強い。

NY市場サマリー(23日) 2017年 06月 24日

[23日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対し下落、1日としては3週間ぶりの大幅な下げとなった。足元のインフレ指標が弱く、米連邦準備理事会(FRB)が年内追加利上げに踏み切れるか懐疑的な見方が根強い。

Photo

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セントルイス連銀総裁 2017年 06月 24日

[ナッシュビル(米テネシー州) 23日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米連邦準備理事会(FRB)はインフレ率が確実に目標の2%に向かうとの一段の確信が得られるまで追加利上げを見送るべきとの認識を示した。

ECB、経営難の伊地銀2行破綻の公算大きいと判断 近く清算へ 2017年 06月 24日

[フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は23日、経営難のイタリアの地銀2行、ベネト・バンカとバンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァについて、両行は破綻しつつあるか、破綻する公算が大きく、清算されるとの判断を下した。

Photo

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要 2017年 06月 24日

[ブリュッセル 23日 ロイター] - メルケル独首相は23日、米国が公正な通商を行わない場合、欧州は相互主義をもって対応するとの立場を示した。

インフレ鈍化は一過性、利上げ遅らせるべきでない=米クリーブランド連銀総裁 2017年 06月 24日

[クリーブランド 23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、最近のインフレ鈍化は一時的な公算が大きく、金融政策を引き締める「差し迫った必要性はない」が、米連邦準備理事会(FRB)は利上げを遅らせてはならないとの認識を示した。

米経済は良好、FRBは利上げ継続する必要=クリーブランド連銀総裁 2017年 06月 24日

[クリーブランド 23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は23日、米経済は良好に推移しており、連邦準備理事会(FRB)は雇用やインフレで後手に回らぬよう、利上げを継続していく必要があるとの見解を示した。

Photo

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に=関係筋  2017年 06月 23日

[フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れを巡り、対象となる独連邦債の不足が差し迫った問題となっており、大幅な延長は困難な状況であることが、関係筋の話で分かった。延長かテーパリング(段階的縮小)かを判断するに当たり、最も大きな検討課題になるという。

Topics also related to Business:

トップセクション