エディション:
日本

パウエル米FRB議長の下院での議会証言、27日に前倒し

2018年 02月 24日

[ワシントン 23日 ロイター] - 米下院金融サービス委員会は23日、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の半期に1度の議会証言を従来予定の28日から1日前倒しし、27日に実施すると発表した。日程変更の理由は明らかにしていない。記事の全文

Photo

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋 2018年 02月 24日

[北京 23日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の次期総裁に、習近平国家主席の信認のあるハーバード大に留学経験のあるエコノミスト、劉鶴氏が最有力候補として浮上した。3人の関係筋が明らかにした。

Photo

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予想も 2018年 02月 24日

[ミラノ/ニューヨーク 22日 ロイター] - 欧州主要企業の約半分がこれまでに第4・四半期決算の発表を終えた段階で、全体の業績見通しは上振れ傾向が鮮明になってきた。増益ペースが米企業より高く、従来のコンセンサスを実際の数字が上回る展開からは、欧州企業の底力が過小評価されてきた可能性がうかがえる。

年内3-4回の利上げ想定、次回利上げは「近い将来」=サンフランシスコ連銀総裁 2018年 02月 24日

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は23日、連邦準備理事会(FRB)が今年3-4回の利上げを実施することを想定しているとし、次回利上げは「近い将来」に実施されるとの認識を示した。

米国株式市場は上昇、ハイテク株が高い 米債利回り低下も追い風 2018年 02月 24日

また、米連邦準備理事会(FRB)が公表した半期に一度の金融政策報告によって、年内の利上げ見通しを巡る懸念が和らぎ米債利回りが低下したことも追い風となった。

ドル上昇、FRBタカ派傾向強めるとの観測=NY市場 2018年 02月 24日

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)がタカ派的な傾向を強める可能性があるとの観測からドルが主要通貨に対して上昇した。

緩やかな米利上げ見通し、サンフランシスコ連銀総裁が支持 2018年 02月 24日

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は23日、連邦準備理事会(FRB)の緩やかな利上げ見通しを支持する考えを表明した。

ECB、十分な買い入れ実施 リスク冒さず撤退可能=クーレ専務理事 2018年 02月 24日

[フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は23日、ECBはすでに十分な規模の債券買い入れを実施したため、正当な根拠のない長期債利回りの上昇というリスクを冒すことなく、一段の買い入れから手を引くことができるとの考えを示した。

NY市場サマリー(23日) 2018年 02月 24日

[23日 ロイター] - <為替> 米連邦準備理事会(FRB)がタカ派的な傾向を強める可能性があるとの観測からドルが主要通貨に対して上昇した。

米FRB、政策枠組みの再検証を年内に開始する可能性=クリーブランド連銀総裁 2018年 02月 24日

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は23日、現在の金融政策の枠組みを年内に再検証し始める可能性があるが、代替的な枠組みへの変更に向けたハードルは高いとの考えを示した。

Topics also related to Business:

トップセクション