エディション:
日本
Photo

コラム:経済学者の鼻を折る「法則破り」の日本 3:55pm JST

[ロンドン 10日 ロイターBreakingviews] - 「殉教者の血は教会の種」という言葉がある。16世紀に日本の支配者だった豊臣秀吉がこのことわざに気づいていたとすれば、彼は、それが日本には当てはまらないと判断したのだろう。記事の全文

Photo

日経平均は3日続落、米政治不安などで日経平均は3カ月半ぶり安値 2017年 08月 18日

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅に3日続落した。終値は節目の1万9500円を割り込み、5月2日以来約3カ月半ぶりの安値で引けた。米政治不安やスペインでのテロとみられる車両突入事件などを受け、外部環境への懸念が高まった。為替が1ドル109円台前半まで円高に進み、主力輸出株は総じて軟調だった。後場は日銀ETF(上場投信)買いの期待もあったが、指数を押し戻す力はなかった。今週末の海外情勢も不透明との見方から、リスク回避の売りやポジション調整売りが出て終日軟調な展開だった。

Photo

コラム:国外へ流出する日本企業の「富」=村田雅志氏 2017年 08月 18日

[東京 17日] - 日本企業の収益拡大が続いている。大手証券会社や新聞の集計によると、国内上場企業の2017年4―6月期決算の純利益は、9兆円程度と過去最高を更新。増益企業は全体の7割近くに達し、業種別でも全32業種のうち8割強に相当する26業種が増益となった。

Photo

コラム:「口開」市場操作の場と化したジャクソンホール 2017年 08月 16日

[ロンドン 15日 ロイター] - 24─26日に米カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムが開かれるジャクソンホールは、魚釣りが楽しめる保養地だ。投資家が釣り糸を垂れ、金融政策の方向性について少しでもヒントが得られないかと探る会合にはうってつけの場所なのかもしれない。

Photo

コラム:GDP統計で見えた円高圧力の緩和装置=岩下真理氏 2017年 08月 16日

[東京 14日] - 「7の付く年の株価は春から夏にかけて上昇し、秋には下がる」というジンクスを筆者は繰り返し紹介してきた。

日銀短観 ― 企業の業況判断DI
グラフィックス
出典:トムソンロイター・データストリーム
日本国債利回り一覧と物価上昇率
グラフィックス
出典:トムソンロイター・データストリーム
日銀の国債保有残高とETF・REIT買い入れ額
グラフィックス
出典:トムソンロイター・データストリーム

政策委員と最近の決定会合でのスタンス

  • 黒田 東彦

    くろだ はるひこ 日銀総裁

    1944年生まれ。1967年に東京大学法学部を卒業し、(当時の)大蔵省に入省。

    1971年9月、オックスフォード大学経済学研究科修士課程修了。その後、国際金融局国際機構課長、主税局総務課長、国際金融局長などを経て、1999年7月財務官に就任。

    その後、小泉政権下の内閣官房参与財務省などを経て、2005年2月にアジア開発銀行総裁に就任。

    2013年4月8日より現職(任期は2018年4月8日まで)。

  • 原田 泰

    はらだ ゆたか 日銀審議委員

    1950年生まれ。74年東大農卒、経済企画庁入庁、財務省財務総合研究所次長、大和総研専務理事などを経て2012年早稲田大学政治経済学術院教授。経済学(学習院大)博士。2015年3月26日より現職。

  • 布野幸利

    ふの ゆきとし 日銀審議委員

    1947年生まれ。69年神戸大経営卒、70年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社、2000年6月トヨタ自動車取締役 、03年6月同常務役員、05年6月同専務取締役、09年6月同取締役副社長、13年6月同相談役。2015年7月1日より現職。現行日銀法下で初の消費財メーカー出身の審議委員。

  • 桜井真

    さくらい まこと 日銀審議委員

    1976年に東京大学大学院・博士課程を修了し、日本輸出入銀行(現国際協力銀行)に入行。大蔵省、経済企画庁などで研究員を務めた。

    92年4月MSK基礎研究所(現MS&AD基礎研究所)国際金融研究センター長、同年6月三井海上投資顧問取締役を経て、2007年4月にサクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表となった。

  • 政井貴子

    まさい たかこ 日銀審議委員

    トロント・ドミニオン銀行、クレディ・アグリコル・インドスエズ銀行などを経て、2007年5月に新生銀行に入行。キャピタルマーケッツ部部長、市場営業部部長などを歴任後、13年4月に同行初の女性執行役員に就任。

    法政大学大学院経営学研究科修士課程修了

  • 片岡剛士

    かたおか ごうし 日銀審議委員

    慶大大学院修了。96年三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)。上席主任研究員を務める。

    専門はマクロ経済学、経済政策論。愛知県出身。大規模な金融緩和政策を柱に人々のインフレ期待を高めることでデフレ脱却を目指す、いわゆるリフレ派の代表的なエコノミスト。

    2017年7月より現職。

  • 鈴木人司

    すずき ひとし 日銀審議委員

    77年三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。市場部門を中心に歩み、市場部門長として同行の市場性収益の拡大に貢献。その後、副頭取を経て16年6月から取締役。

    市場動向に精通しており、以前から審議委員候補の1人とみられていた。日銀による市場との対話では、これまでの「知見」が生かされるとの期待感が市場関係者の一部にある。

    2017年7月より現職。

写真

FRB資産縮小の円安効果

9月決定が見込まれる米FRBの保有資産縮小は、ドル円を1年あたり約2円押し上げる効果があると、みずほ証券の鈴木健吾氏は指摘。  記事の全文 

写真

「リスクオフの円高」突入か

最近の商品・債券・株式動向はリスクオフの兆候を示しており、ドル円は下落が進みやすくなっていると、大和証券の亀岡裕次氏は分析。  記事の全文 

写真

株売りは賢明か

米朝緊迫化でも市場が奇妙なほど穏やかな反応を見せているのはなぜか。  記事の全文 

写真

危険な核ゲーム

米国のごく一握りの敵しか夢見たことがなかった米本土核攻撃能力を、正恩氏が手に入れようとしている。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「問題児リスト」入りか

北朝鮮対応が甘いと不興を買う韓国は、トランプ氏の「問題児リスト」入りが迫っている。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション