エディション:
日本

マーケットアイ

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(17日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3444.6713 + 8.0773 + 0.24 3438.5762 3465.2049 3430.5114 前営業日終値 3436.5940 中国 CSI300指数 4248.677 -9.796 -0.23 4261.783 4283.345 4230.537

BRIEF-12月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.4%

[ブリュッセル 17日 ロイター] - * 12月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前月比+0.4%(予想:+0.4%) * 12月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前年比+1.1%(予想:+0.9%) * 12月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前年比+0.9% * 12月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前月比+0.5% * 12月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前月比+0.4%(予想:+0.4%) * 12月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.4%(予想:+1.4%)

インタビュー:M&A、単独で買収できないような案件は難易度高い=JT社長

JTの寺畠正道社長は17日、ロイターとのインタビューで、M&A(企業の合併・買収)について、経済合理性があれば積極的に行う方針を示した。アジアに加え、アフリカや中東でも「ホワイトスペース」はあるとしたほか、たばこ会社以外にも、ディストリビューターなどのインフラも対象になると述べた。一方で、1社単独で買収できないような案件については「相当難易度が高い」と指摘した。

中国人民元、通常取引終値は約2年ぶり高値

中国人民元の17日通常取引終値は、対ドルで約2年ぶりの高値となった。ドルが全般的に弱く、企業のドル売りも加速する中、人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値を元高水準に設定した。

東京マーケット・サマリー・最終(17日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリ ックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 110.75/77 1.2215/19 135.33/37 NY午後5時 110.37/38 1.2266/67 135.41/45 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の110円後半。東 京市場のドルはいったん円高に振れた後、切り返した。市場では国内勢とみられる向きのまとまった買い が下値を支えたとの指摘が出ている。  レポート全文: <株式市場> 日経平均 2

ソウル株式市場・引け=反落

韓国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 出来高概算 総合株価指数 2,515.43 - 6.31 - 0.25 2,517.19 2,521.97 2,506.49 3.33億株 前営業日終値 2,521.74 17日のソウル株式市場の株価は反落。総合株価指数(KOSPI)は前日終値比6 .31ポイント(0.25%)安の2515.43で終了した。 出来高は3億3349万6000株。 全取引銘柄数884のうち、340が上昇した。 外国人投資家は708億9700万ウォン相当の買い越しだった。 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。

訂正-ソウル株式市場・序盤=反落

韓国 日本時間10時39 前日比 % 始値 分 総合株価指数<.KS1 2,510.95 - 10.79 - 0.43 2,517.19 1> 前営業日終値 2,521.74 序盤のソウル株式市場の株価は反落(訂正)。総合株価指数(KOSPI)は010 9GMT(日本時間午前10時09分)時点で、8.36ポイント(0.33%)安の2 513.38。 出来高は1億1284万9000株。取引された875銘柄のうち、上昇は320。 海外投資家は358億7700万ウォン相当の売