エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

長島元復興副大臣が死去

 新潟県中越地震が起きた際の旧山古志村長で、復興副大臣などを歴任した自民党衆院議員の長島忠美(ながしま・ただよし)氏が18日午後11時20分、多臓器不全のため新潟県長岡市の病院で死去、66歳。新潟県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。喪主は未定。

働き方改革で基本方針策定

 政府が「働き方改革」を推進するため、秋の臨時国会に提出する関連法案の概要が18日、判明した。改革を推進するため、厚生労働相は基本方針を新たに策定し、関係閣僚に必要な要請ができると明記。残業時間の上限は月100時間(未満)、2~6カ月の平均80時間、年間720時間と規定し、終業から次の始業までの休息時間を確保する「勤務間インターバル」導入の努力義務を盛り込んだ。安倍政権の看板政策実現に向け、法案の早期の成立を図る。

首相が米軍制服組トップと会談

 安倍晋三首相は18日、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長と官邸で会談し、北朝鮮情勢を巡り、日米両国が一層連携を強化する方針を確認した。ダンフォード氏は「自衛隊と米軍の関係は極めて強固だ」と述べ、防衛協力の推進に意欲を示した。双方は国際社会による圧力の強化と、国連安全保障理事会の新たな制裁決議を厳格履行すべきだとの認識で一致した。

民進代表選、井出氏が推薦人集め

 民進党の井出庸生政調副会長は18日の記者会見で、党代表選(21日告示、9月1日投開票)への立候補を目指して推薦人を集めていると表明した。「党勢が低迷する中、私自身にできることがあると思った。活発な代表選にして党の求心力を高めたい」と述べた。最終的に立候補に必要な推薦人20人を確保できるかどうかは微妙な情勢だ。

民進木内氏が離党届提出

 民進党の木内孝胤衆院議員(比例東京)は18日午後、党本部に離党届を提出した。小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員が次期衆院選に向け設立を検討している新党への参加を模索するとみられる。党執行部は受理せず、今後取り扱いを協議する方針だ。

オスプレイ墜落に抗議

 沖縄県宜野湾市議会は18日、米軍新型輸送機オスプレイのオーストラリア沖での墜落事故への抗議決議を全会一致で可決した。事故機は同市中心部に位置する米軍普天間飛行場に所属。決議では、同型機の飛行の即時中止と事故原因の速やかな公表、普天間飛行場の早期の閉鎖返還を求めた。

2プラス2、北朝鮮非核化へ圧力

 【ワシントン共同】日米両政府はワシントンで17日に開いた外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、北朝鮮の非核化と弾道ミサイル開発阻止に向け圧力をさらに強めることで一致した。北朝鮮の軍事的脅威の増大を踏まえ、自衛隊の役割を拡大し、防衛能力を強化する方針でも合意。マティス国防長官は共同記者会見で「北朝鮮が日本にミサイルを発射した場合、すぐに迎撃するための特別な行動を取る」と明言した。

トランプ氏来日へ準備

 【ワシントン共同】河野太郎外相はワシントンで17日午後(日本時間18日午前)、米国のティラーソン国務長官と会談し、秋に予定されるトランプ大統領の来日に向け、準備を着実に進めることで一致した。河野氏は「揺るぎない日米同盟を内外に示すため、トランプ氏の初訪日を重視している」と強調した。

仙台に新会派「市民ファースト」

 仙台市議会の民進党系会派を離脱する市議ら5人が17日、新会派「市民ファースト仙台」を結成すると発表した。小池百合子東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」との連携は「考えていない」と否定するが、似通った名称に他会派からは戸惑いの声も出ている。

民進枝野氏も事務所開設

 民進党の枝野幸男元官房長官は17日午前、党代表選(21日告示、9月1日投開票)に向けた選挙対策事務所を東京都内のホテルに開設した。前原誠司元外相は16日に選対事務所を立ち上げており、一騎打ちとなる見通しの両陣営の選挙準備が本格化している。