エディション:
日本

原油価格

東京製鉄が通期売上高予想を上方修正、販売数量・価格上昇を反映

東京製鉄は20日、2018年3月期の売上高予想を前年比31.4%増の1600億円に上方修正した。これまでは同20.7%増の1470億円を予想していたが、堅調な鋼材需要を背景とした販売数量の増加と価格上昇を織り込んだ。ただ、主原料の鉄スクラップの購入価格が上昇していることもあり、利益予想は据え置いた。

ドル113円付近、NZドルが急落

ドル113円付近、NZドルが急落

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点から小幅ドル高/円安の113円付近。この日のアジア時間はNZドル<NZD=D3>の急落が話題を集めた。

日経平均12連騰、安倍相場最長タイ 業績期待と海外勢の買いで

日経平均12連騰、安倍相場最長タイ 業績期待と海外勢の買いで

日経平均株価が12営業日連続上昇となり、2015年5月15日─6月1日につけた「アベノミクス相場」の最長記録に並んだ。高度経済成長が始まった当時の14連騰に接近しているが、背景には世界的な株高傾向の下で、企業業績の拡大期待や衆院選での与党勝利を織り込み、海外投資家が買い越しに転じていることがある。ただ、過熱感もあり、短期的な株価調整への警戒感もある。

日経平均は12連騰、安倍相場の最長記録タイ リスク選好ムード継続

日経平均は12連騰、安倍相場の最長記録タイ リスク選好ムード継続

東京株式市場で日経平均は12日続伸。取引時間中の年初来高値を連日で更新した。前日の米ダウが一時2万3000ドル台を付けるなど、米国株の上昇基調が止まらず、リスク選好ムードが優勢となった。高値警戒感がくすぶる中、一時下げに転じる場面があったが後場に持ち直した。12連騰はいわゆる「アベノミクス相場」の連騰記録で最長タイとなる。