エディション:
日本

本日の注目個別銘柄

任天堂、TDK、ソフトバンクGなど

 任天堂  48360  +1180大幅反発。緩やかなリバウンド基調が継続。なお、クレディ・スイス証券では、投資評価「OUTPERFORM」を据え置き、目標株価

NTT、ヤマダ電機、リコーなど

 NTT  4875  +1213日ぶり反発。1500億円、3100万株を上限とする自己株式取得枠の設定を発表しており、材料視されている。取得上限株式数は発行済

ホンダ、豊和工、日東化工など

 ショーワ  1704  +228急伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、投資判断を「Neutral」から「Overweight」、目標株価も1350円から1900円に引き上げた。想定

日東電、富士通、ガンホーなど

 日東電  8381  -71反落。前日の大幅反発に対する利益確定の流れが優勢に。一目均衡表では転換線に上値を抑えられる格好。なお、ジェフ

すかいらーく、キリンHD、JDIなど

 すかいらーく  1425  -128昨年来安値更新。17年12月期決算を発表、営業利益は281億円で前期比10%減となり、既存店売上高の下振れなどで会社෍

東海カーボン、Vテク、三菱マなど

 東海カーボ  1752  +250大幅続伸。前日に前12月期の決算を発表、営業利益は115億円で前期比10.1倍、第3四半期決算時に上方修正した数値105億円を&#