エディション:
日本

〔需給情報〕-IMM通貨先物、ドル売り越しが6年半ぶり高水準

6:17am JST

(内容を追加しました) [ニューヨーク 20日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)のデー タを基にロイターが算出したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(4月17日ま での週)によると、ドルの売り越しは2011年8月以来の高水準となった。 ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対 する売り越し額は234億2000万ドル。前週は227億7000万ドルだった。 ニュージーランドドル、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブルを含むを含 めた10通貨に対しては281億8000万ドルの売り越しで、売り越し 額は前週の272億1000万ドルから増加した。 ドル売り越し額は極端な水準に達しており、売り方の買い戻しにつながりかねない。 今週のドル指数は0.6%高となり、週間上昇率では今年2月下旬以来の大きさと なった。 BKアセット・マネジメントの為替戦略部門マネジングディレクター、キャシー・リ エン氏は「今週のドル回復には1つだけではなく、4つの主要なカタリストがある」と指 摘。米債利回りの上昇、軟化記事の全文

NY市場サマリー(20日)

2018年 04月 21日

[20日 ロイター] - <為替> 米国債利回りの上昇を背景にドル指数が2週間ぶりの水準に上昇した。一 方、英ポンドは前日の英中銀総裁のハト派的な発言が影響し引き続き軟調となった。 今週は米連邦準備理事会(FRB)当局者から、米経済が安定的に成長していること を根拠に、年内は一段の利上げが実施されるとの見方の示唆が相次いだ。一方、欧州中央 銀行(ECB)総裁、およびイングランド銀行(英中央銀行)総裁は、経済指標が思わし くないことで利上げは急がないとの姿勢を示唆した。 主要6通貨に対するドル指数は一時約2週間ぶりの高水準となる90.477 に上昇。終盤の取引では0.4%上昇の90.314となっている。 ドル/円は0.2%高の107.50円。一時は107.85円と、2週間ぶ り高値を付けた。 ユーロ/ドルは1.2248ドルと、2週間ぶり安値を更新。週初からの下落 率は0.39%となり、週間としては2カ月ぶりの大きな下落となった。 NY外為市場: <債券> 債券売りが継続する中、指標10年

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(20日)

2018年 04月 21日

[20日 ロイター] - 円 107.65/107.68 ユーロ 1.2286/1.2290 スイスフラン 0.9744/0.9748 英ポンド 1.4003/1.4006 カナダドル 1.2757/1.2761 オーストラリアド 0.7672/0.7674 ル ニュージーランド 0.7207/0.7211 ドル メキシコペソ 18.5200/18.5360 デンマーククロー 6.0607/6.0617 ネ ノルウェークロー 7.8207/7.8257 ネ スウェーデンクロ 8.4446/8.4476 ーナ シンガポールドル 1.3161/1.3166 香港ドル 7.8439/7.8442 インドルピー 66.2000/66.2200

NY外為市場=ドル指数2週間ぶり高水準、米国債利回り上昇反映

2018年 04月 21日

[ニューヨーク 20日 ロイター] - ドル/円 NY終値 107.65/107.68 始値 107.63 高値 107.85 安値 107.51 ユーロ/ドル NY終 1.2286/1.2290 値 始値 1.2302 高値 1.2312 安値 1.2251 ニューヨーク外為市場では、米国債利回りの上昇を背景にドル指数が2週間ぶりの水 準に上昇した。一方、英ポンドは前日の英中銀総裁のハト派的な発言が影響し引き続き軟 調となった。 今週は米連邦準備理事会(FRB)当局者から、米経済が安定的に成長していること を根拠に、年

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(4月17日終了週)

2018年 04月 21日

[20日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨 先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。 円 4月17日終了 前週 コード 週  ロング 49,433 49,855  ショート 46,842 47,094  ネット 2,591 2,761 ユーロ 4月17日終了 前週 コード 週  ロング 238,829 236,344  ショート

UPDATE 1-英中銀、時間かけず段階的な利上げを=ソーンダーズ委員

2018年 04月 21日

[グラスゴー(英スコットランド) 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のソーンダーズ委員は20日、英中銀は時間をかけずに段階的に利上げすべきであり、国内のインフレ圧力が増大する中で、もはや慎重になる必要はないとの見方を示した。

欧州市場サマリー(20日)

2018年 04月 21日

(外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください) [20日 ロイター] - <為替> 欧州終盤 アジア市場終 コード 盤 ユーロ/ドル    1.2281 1.2323 ドル/円 107.60 107.55 ユーロ/円 132.17 132.56

ユーロ圏、繁栄には世界成長・開放的な貿易必要=ECB総裁

2018年 04月 21日

[ワシントン 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は20日、ユーロ圏経済が繁栄し続けるには力強い世界的な成長と開放的な貿易が必要となるとの考えを示した。

英中銀、時間をかけず段階的に利上げすべき=ソーンダーズ委員

2018年 04月 20日

[グラスゴー(英スコットランド) 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のソーンダーズ委員は20日、英中銀は時間をかけずに段階的に利上げすべきであり、国内のインフレ圧力が増大する中で、もはや慎重になる必要はないとの見方を示した。

東京マーケット・サマリー・最終(20日)

2018年 04月 20日

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 107.55/57 1.2323/27 132.54/58 NY午後5時 107.36/39 1.2344/48 132.53/57 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の 107円半ば。実需のドル買いやユーロ/円の上昇などに歩調を合わせ、底堅い展開とな った。  レポート全文: <株式市場> 日経平均 22162.24円

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 195.30 +0.15 103,068,200
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 716.30 +0.27 62,119,600
ティアック株式会社 43.00 +2.38 52,377,000
株式会社東芝 285.00 -1.38 20,562,000
東京電力ホールディングス株式会社 456.00 -0.22 16,501,500
株式会社ジャパンディスプレイ 152.00 -1.94 9,297,200
野村ホールディングス株式会社 636.90 +0.08 8,846,900
日本郵船株式会社 2,308.00 +1.81 1,978,000
株式会社商船三井 3,330.00 +4.06 1,742,900
株式会社キムラタン 39.00 +0.00 107,000
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円