エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:レーガンと似て非なるトランプ貿易戦争 2018年 07月 15日

[ワシントン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国が仕掛けている「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な貿易戦争には、かつてレーガン元大統領が描いたビジョンが欠けている。記事の全文

Photo

コラム:貿易戦争の副産物、米中の補助金ばら撒きが生む弊害 2018年 07月 15日

[香港/ワシントン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 貿易戦争の影で「企業福祉国家」が生まれかねない。中国と米国が互いに関税をかけ合う中、政治家は関税の適用除外措置や補助金を打ち出し、不安を募らせる企業幹部を安心させようとしてる。

Photo

コラム:矛盾抱えた英首相のEU離脱方針、前途多難か 2018年 07月 13日

[ロンドン 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - メイ英首相は今さらながら、自身が打ち出した欧州連合(EU)離脱方針が抱える矛盾に直面せざるを得なくなっている。 | ビデオ

Photo

コラム:トランプ貿易戦争の脅威に目覚めた米国、既に手遅れか 2018年 07月 13日

[ワシントン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 減税に浮かれていた米国が、ようやく「貿易戦争」の脅威に目を覚ましつつある。米政府が10日、追加関税を課す2000億ドル相当の中国製品のリストを公表すると、与党・共和党議員や企業が一斉に警鐘を鳴らした。

Photo

コラム:不透明なアラムコ上場、サウジ経済改革も窮地に 2018年 07月 11日

[ロンドン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは、ムハンマド皇太子が打ち出している画期的な経済改革を前進させるという重要な役を担えなくなりつつある。

Photo

コラム:「市場の守り手」一掃したトルコ新内閣の愚かさ 2018年 07月 11日

[ロンドン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 強力な指導者であろうとも防御は欠かせない。しかしトルコのエルドアン大統領はトルコ市場の「守り手」を一掃してしまった。

Photo

コラム:米大統領の最高裁判事指名、ビジネス界への「贈り物」 2018年 07月 11日

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領による最高裁判所判事の指名は、規制緩和面でビジネス界への贈り物となりそうだ。

Photo

コラム:重要閣僚辞任で岐路に立つ英政権、ポンド激動の予感 2018年 07月 11日

[ロンドン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - メイ英政権から過去2日足らずの間に大物閣僚2人が去ってしまった。これによりメイ首相の政治的立場と彼女が進めていく欧州連合(EU)離脱交渉は、重大な岐路に立たされる。投資家にとっては、上下どちらかに大きく動くのを予想して賭ける対象としてポンドの存在感が増しているのは間違いない。 | ビデオ

Photo

コラム:中国のドル建て起債抑制は逆効果、さらなる資金流出も 2018年 07月 10日

[香港 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国当局は債務の多い不動産開発業者を主な対象として、ドル建て社債の発行抑制に乗り出している。これは資金流出を煽り、外貨準備を減らし、人民元相場に一段と下落圧力をかける恐れがある。

Photo

コラム:中国一帯一路に暗雲、「待った」をかけたマレーシア 2018年 07月 8日

[シンガポール 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - マレーシアのマハティール首相は、中国の「一帯一路」構想にブレーキをかけている。建設費200億ドル(約2.2兆円)の東西海岸を結ぶマレーシア鉄道建設作業に「待った」をかけたのだ。

Photo

コラム:動揺する中国市場、介入で「負のスパイラル」突入も 2018年 07月 6日

[香港 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は人民元が3月末以降に対ドルで6%下落したが、世界中の懸念はこの点にほぼ集中しており、株式相場の下落と債券の不履行(デフォルト)増加への懸念は薄い。

Photo

コラム:中国巨大ファンド誕生、IT投資バブルの悪夢再来か 2018年 07月 6日

[香港 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国で巨大ファンドが誕生することは、今のハイテク業界にとって最も望ましくない事態だ。

Photo

コラム:半導体の「スーパーサイクル」揺さぶる米中貿易摩擦 2018年 07月 6日

[香港 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の裁判所は米半導体大手マイクロン・テクノロジーに対し、中国本土で一部半導体製品の販売を差し止める仮処分を下した。半導体は需要増加・価格上昇の「スーパーサイクル」に入ったとも言われるが、米中貿易摩擦を背景に中国は国産半導体の育成に力を入れており、業界は強い揺さぶりを受けている。

Photo

コラム:銀行のAT1債、「連動ETF」が新たな脅威に 2018年 07月 4日

[ロンドン 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 銀行が発行する偶発転換社債など「その他Tier1債」(AT1債)に分類される債券について、その目的を破壊しかねない新たな要素が生まれつつある。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

写真

米国の核問題

テキサス州の工場では、米国産業で最も危険な仕事が手作業で行われている。  記事の全文 

写真

北朝鮮国境を行く

北朝鮮の国境を1週間旅した記者が見た光景とは。  記事の全文 

写真

北朝鮮から逃れて

脱北者はロイターに何を語ったか。  特集ページ 

写真

ロヒンギャの惨劇

縛られた10人のロヒンギャ男性は、そばで墓穴を掘る仏教徒たちを見つめていた。  記事の全文 

写真

高級ホテルで死体実習

その「死体実習」会場の外にいた主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。  記事の全文 

トップセクション