エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:経済学者の鼻を折る「法則破り」の日本 3:55pm JST

[ロンドン 10日 ロイターBreakingviews] - 「殉教者の血は教会の種」という言葉がある。16世紀に日本の支配者だった豊臣秀吉がこのことわざに気づいていたとすれば、彼は、それが日本には当てはまらないと判断したのだろう。記事の全文

Photo

コラム:コーン米NEC委員長、政権残留か否かで厳しい選択 2017年 08月 18日

[ワシントン 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国家経済会議(NEC)委員長のゲーリー・コーン氏は、これまでのキャリアで最も難しい選択を迫られている。

Photo

コラム:トランプ氏の助言組織解散、金融市場が動じない訳 2017年 08月 17日

[ワシントン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 金融市場はトランプ米大統領個人ではなく、米国の公的機関に信を置いている。トランプ氏は、構成メンバーだった企業トップの辞任が相次いだ2つの助言組織を解散した。トランプ氏を見捨てたのは企業トップだけでなく、既に議会が背いたほか、裁判所や軍も異を唱えている。ただし米国の安定を確保する上で重要なのは、こうした機関の方だろう。

Photo

コラム:複雑なNAFTA再交渉、不向きな米国の「鈍感力」 2017年 08月 17日

[ワシントン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国流の鈍感さは、複雑な仕組みの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を進める上でふさわしいものではない。

Photo

コラム:韓国、北朝鮮問題で米大統領の「問題児リスト」入りか 2017年 08月 17日

[ワシントン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 韓国は、敵対姿勢を強める北朝鮮に対する対応が甘いとトランプ米大統領の不興を買っており、大統領の「問題児リスト」に加えられる公算が高まっている。

Photo

コラム:欧州銀の「失われた10年」 2017年 08月 12日

[ロンドン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 世界金融危機の入り口から10年を迎えたが、欧州の銀行の株主資本利益率(ROE)は記念日をお祝いできるほどには回復していない。欧州中央銀行(ECB)のマイナス金利政策が終われば、もっと晴れやかに祝えるようになりそうだ。

Photo

コラム:北朝鮮情勢緊迫化に動じない米国株に異議あり 2017年 08月 11日

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国株投資家の貪欲さは、核戦争の可能性を巡る恐怖でさえ圧倒してしまう。株式市場はこれまで、連邦準備理事会(FRB)の利上げや世界的な保護主義ムードの高まり、ワシントンの政治機能不全といった数々の逆風をさらりと受け流してきた。さすがにドナルド・トランプ米大統領が北朝鮮に対してはっきりと警告を発した今回は、安全資産の金などに資金を振り向ける理由になりそうだが、市場は恐ろしい事態が起きる予兆をほとんど示していない。

Photo

コラム:対北朝鮮外交を脅かす米中貿易紛争 2017年 08月 11日

[ワシントン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米中間の貿易紛争が、米国の対北朝鮮外交を危険にさらしている。米朝の緊張が高まり、米国がこれまでになく中国の助けを必要としている状況下で、トランプ政権は中国製アルミ箔(はく)への相殺関税を課すと発表した。

Photo

コラム:再編議論避けられぬ日本のビール業界 2017年 08月 10日

[ニューヨーク 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - コネチカット州の町の酒小売店で、6本パックのサッポロビールは、10.49ドル(約1168円)で売られている。もう1ドル出せば、同じく6本パックのアンカー・スチーム・ビールが買える。

Photo

コラム:中国に資本規制緩和の好機、経済好調やドル安で 2017年 08月 9日

[香港 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は外貨準備高が安定して資本流出に歯止めが掛かり、人民元相場が上昇している。トランプ政権の迷走もあってドル安が進む一方、国内経済が好調なおかげだ。中国政府が外国から本土の株式・債券市場に資金を呼び込みたいと思うなら、資本規制の部分的な緩和に乗り出す好機かもしれない。

Photo

コラム:ソフトバンク、業績の解読が一段と困難に 2017年 08月 8日

[香港 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ソフトバンクグループが7日発表した4─6月期連結決算は、取得した米半導体エヌビディア株の評価益が利益を大きく押し上げた。今回はテクノロジー分野に投資する「ビジョン・ファンド」を含んだ初の決算であり、グループが一層複雑化し、業績の解読がますます難しくなったことを浮き彫りにした。

Photo

コラム:一筋縄では行かない女性の就労促進政策 2017年 08月 8日

[ワシントン 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 「女性に優しい」雇用促進政策は、必ずしも看板通りの成果を上げないことが多い。米国の7月失業率は、この16年で最低の4.3%だったが、女性の就労は過去と比べて活発とはいえない。トランプ米大統領の長女で大統領補佐官を務めるイバンカさんは、新たな子育て減税を提案しているが、それも予期せぬ結果を生む可能性がある。

Photo

コラム:たばこは「不必要な悪」なのか 2017年 08月 8日

[ロンドン 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 彼らは、株主価値の信奉者にとっては恥であり、政府にとっては厄介者であり、公衆衛生にとっては軽い脅威であり、さらには、反資本主義体制派にとっては天のたまものである。利益の最大化を追求するたばこ企業は「不必要な悪」と言える。

Photo

コラム:トヨタとマツダ、その資本提携は必要か 2017年 08月 8日

[香港 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トヨタ自動車が、チューンアップに着手しようとしている。日本の巨大自動車メーカーは4日、マツダと提携し、電気自動車の開発や、約1700億円を投じる米国の新工場建設で協力すると発表した。新工場建設は、トランプ米政権を喜ばせるだろう。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

写真

株売りは賢明か

米朝緊迫化でも市場が奇妙なほど穏やかな反応を見せているのはなぜか。  記事の全文 

写真

危険な核ゲーム

米国のごく一握りの敵しか夢見たことがなかった米本土核攻撃能力を、正恩氏が手に入れようとしている。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「問題児リスト」入りか

北朝鮮対応が甘いと不興を買う韓国は、トランプ氏の「問題児リスト」入りが迫っている。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション