Reuters logo
【中国の視点】元相場:ポジティブな見方が優勢、対米ドルで約7カ月ぶり元高水準
2017年6月2日 / 01:36 / 5ヶ月前

【中国の視点】元相場:ポジティブな見方が優勢、対米ドルで約7カ月ぶり元高水準


*10:34JST 【中国の視点】元相場:ポジティブな見方が優勢、対米ドルで約7カ月ぶり元高水準
上海の外国為替市場では、きのう1日の元の対米ドル為替レートは約7カ月ぶりの元高水準で推移した。最近の元高進行について、元の対米ドル仲値の引き上げや、経済指標の改善、米ドルの下落などが挙げられている。

今年5月の中国の製造業購買担当者指数(PMI)は51.2となり、前月から横ばいとなった。これとは対照的に5月の米国の製造業PMIは4カ月連続で前月比低下した。また、米「トランプ相場」に対する期待がいったん萎んでおり、米ドル高を支える要素が少なくなっていると指摘されている。

専門家は、中国における上場企業の大株主などによる保有株の売却規制の強化を受け、株式市場の安定推移に対する期待から元需要がこれから拡大するとの見方を示した。また、中国政府が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」に関連した沿線国・地域でのインフラ整備の加速や、オフショア元取引センターの設立増加を受け、こうした国・地域における元需要も一段と高まると指摘した。

今年下期の元相場の見通しについて、元が上下しながらも安定的に推移すると予測されている。中国経済が回復している上、物価も安定している。また、資金の流出・流入管理も強化されていることや、元に対する投資家心理の改善などが挙げられている。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below